スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

我孫子武丸 『殺戮にいたる病 』

内容
永遠の愛をつかみたいと男は願った――東京の繁華街で次々と猟奇的殺人を重ねるサイコ・キラーが出現した。犯人の名前は、蒲生稔! くり返される凌辱の果ての惨殺。冒頭から身も凍るラストシーンまで恐るべき殺人者の行動と魂の軌跡をたどり、とらえようのない時代の悪夢と闇を鮮烈無比に抉る衝撃のホラー。



乱歩の勝手にRanking
ランク:


感想
あっ・・・・!! と驚く大どんでん返しのある推理小説を検索する。
この本の評価がよかったので読んでみました。
物語はこの3人 
蒲生稔、蒲生雅子、樋口
三人称でローテーションしながら進行していきます。

ころころと視点が変わり
「なんだか読みにくい小説だな」
これが第一印象でした。

3人の時系列もなんかすっきりせず、途中で何回も前に戻ったりして確認しながら読んでいました。

でもなんかすっきりせずそのまま読み進めていきました。

次々と猟奇殺人が起こります。あまりの残忍さにちょっと気分が悪くなった時も・・・

どんな結末が待っているのだろうと色々そ想像を膨らませながら読んでました。
そしてクライマックス・・・

この結末はまったく予想がつきませんでした。
「え~っ!! そういうことだったのっ!!」
って感じで驚き何がなんだか分からず、もう一度さっと読み返してみると
「なるほどそういうことだったのね」
って感じです。

人間の心理を巧みについた作品です。
みごとに騙されました。

最初の印象も作者の意図に見事にはまっていたのかもしれません・・・。

ただ猟奇殺人を題材にしているので、表現がかなりグロテスクになっております。
正直、妻に読んでみてとは言えませんでした。
途中ちょっと気持ち悪くなるかもしれませんが最後まで読んでください。

必ず驚かされますよ・・・

ブログパーツ
スポンサーサイト

theme : ミステリ
genre : 小説・文学

tag : 我孫子武丸

comment

Secret

驚きの・・・

はじめまして。
この本を読んだのは、出版とほぼ同時だったと思います。
推理小説ってたくさん読めば読むほど「細かいこと忘れて
いく」ことが多い中(それが悪いとは思っていません)、
この本だけは、ありとあらゆることを覚えている!!
グロテスクさもさながら、結末のあの衝撃!!
久しぶりにありありと、おもいだしました。
ありがとうです。・・・でも、やっぱり読み返さない(笑)。

Re: 驚きの・・・

> はじめまして。
> この本を読んだのは、出版とほぼ同時だったと思います。
> 推理小説ってたくさん読めば読むほど「細かいこと忘れて
> いく」ことが多い中(それが悪いとは思っていません)、
> この本だけは、ありとあらゆることを覚えている!!
> グロテスクさもさながら、結末のあの衝撃!!
> 久しぶりにありありと、おもいだしました。
> ありがとうです。・・・でも、やっぱり読み返さない(笑)。

猫読みさん
コメントありがとうございます。
やっぱりそうですよね・・・ 
衝撃の描写ですよね・・・
特にあのシーンの・・・ 思い出すだけでもグロいです。
そしてあの結末。小説読んで初めて頭痛くなりました。
我孫子2冊目また読みたいと思います。
また遊びにきてくださいね。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
最新記事
人気記事ランキング
乱歩のお勧め度
最近のコメント(コンパクト)
データ取得中...
作家別
プロフィール

乱歩

Author:乱歩
推理小説入門へようこそ。
おすすめ推理小説があったら教えてくださいね!
コメントお待ちしています。

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
FC2カウンター
カウンター
フリーエリア
ブログランキング
リンク
最新トラックバック
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。