スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

綾辻行人 『迷路館の殺人』

内容
奇怪な迷路の館に集合した四人の作家が、館を舞台にした推理小説の競作を始めたとたん、惨劇が現実に起きた。完全な密室と化した地下の館で発生する連続殺人の不可解さと恐怖。逆転また逆転のスリルを味わった末に読者が到達する驚愕の結末は?気鋭が異色の構成で挑む野心的な長編本格ミステリー。



乱歩の勝手にRanking
ランク:


感想
綾辻行人氏の館シリーズの第三弾です。
十角、水車、迷路と館シリーズを順番に読んでます。
十角館を超える傑作に出会えることを期待して読んでみた。


驚かされました。
十角館を超える傑作だと思います。

本書は作中作という構成をとっています。
作中作というのは小説の中に小説があるという構成で小説の特殊な効果をもたらす技法です。
綾辻行人『迷路館の殺人』のプロローグの後に鹿谷門実『迷路館の殺人』が一冊まるごとそのまま掲載されています。
また中の小説が表紙や奥附(小説の最後に書誌事項が書かれている所)など現実に出版されている小説のように忠実に再現されている。
このあたりのこだわりはとても面白いです。
細かいところまでチェックしてみたください。
値段が鹿谷門実『迷路館の殺人』のほうが高いのは何故なんだろう?

事件解決に一役買ったのはもちろんおなじみの島田潔。
いつものように行動が怪しいので周りから犯人と疑われる場面も多々あります。
このあたりも館シリーズではおなじみの光景。
毎度ベタなシーンで私も納得。

そして迷路館ももちろんあの中村青司氏が設計しております。
ですから当然のように連続殺人が発生し密室が問題となりそして終盤ではおなじみの展開になります。
この辺はあまり言及せずそんな感じということにしておきましょう。

そして島田潔によって明らかにされた真犯人。
「やはりそうきたか」
今回の犯人は私にもある程度予想できる人物でした。

私はエピローグを読み『迷路館の殺人』を読み終えました。
私は真犯人の正体に少々物足りなさを感じながら鹿谷門実『迷路館の殺人』の奥附をめくる。
そこにはもうひとつ、”綾辻行人『迷路館の殺人』のエピローグ”が出現したのです。

私、夢中で読んでいて作中作ということをすっかり忘れていました。
その瞬間、読み終えた小説は鹿谷門実『迷路館の殺人』だったことに気づかされたのです。
「?・・・あれ。」
そこにはもう一つの結末、綾辻行人『迷路館の殺人』の真実が記されていたのです。

「嘘でしょ!そういうことだったの!?」

そうなんです。
綾辻行人『迷路館の殺人』としてはまだ結末を迎えていなかったのです。
ずっとミスリードされてたんです。
というかこれは絶対に気づかないでしょう。

そして一番最後のページのある一文。
エピローグにも仕掛けがされていたなんて・・・。
綾辻行人『迷路館の殺人』は最終ページまで読者を迷路の館に閉じ込めて開放してくれないようです。

作中作という技法を使うからには何かここに作者の仕掛けがあるだろうとある程度の予想はできると思います。
しかし綾辻行人『迷路館の殺人』はそんな読者の安易な予想を見事に裏切ってくれる作品です。
とても完成度は高いと思います。
おすすめの作品です。


追伸
本書では事件の謎解きにワープロが利用されます。
富士通OASYSの親指シフトキーやNEC文豪など懐かしい名称が登場します。
このあたりちょっと時代を感じさせますね。

ブログパーツ
スポンサーサイト

theme : ミステリ
genre : 小説・文学

tag : 綾辻行人

comment

Secret

No title

「迷路館の殺人」読みましたよ。
私は「館シリーズ」の事や、島田さんの事など、全く予備知識なしで、最初にこの本を読んでしまったので、ちょっと面食らったのを覚えています。
順番に読んでいけば、もっと楽しめたのにと思いました。

No title

「十字館」?? 「十角館」です、お間違えなきよう(^^)。

Re: No title

清貧おやじ さん
コメントいつもありがとうございます。

私は清貧おやじさんのブログを見て「館シリーズ」は順番に読んだほうが良いと知りました。
どうもありがとうございます。

Re: No title

通りすがりさん ご指摘ありがとうございます。

訂正させていただきました。
タイトルを間違えるのはまずいですね・・・。
以後 気をつけます。
最新記事
人気記事ランキング
乱歩のお勧め度
最近のコメント(コンパクト)
データ取得中...
作家別
プロフィール

乱歩

Author:乱歩
推理小説入門へようこそ。
おすすめ推理小説があったら教えてくださいね!
コメントお待ちしています。

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
FC2カウンター
カウンター
フリーエリア
ブログランキング
リンク
最新トラックバック
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。