スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

有栖川有栖 『マジックミラー』

内容
双子の兄弟が殺人犯?しかし兄の妻が余呉湖畔で殺されたとき、兄は博多、弟は酒田にいてアリバイは完璧だった。やがて第2の殺人。兄弟のどちらかが被害者らしいが、死体からは頭と手首が失われていた。犯人の狙いはどこに?犯人の大トリック、多彩な伏線が、結末で読者を仰天させる、大型新鋭の傑作。



乱歩の勝手にRanking
ランク:


感想
アリバイトリックを利用した本格推理小説。
双子という設定でどのようなアリバイ工作を見せるのか。
興味があり読んでみた。

双子を使ったアリバイ工作。
双子を登場させるのはミステリー的には”アンフェア”な感じがしていた。
しかし本作品は”フェア”なものでした。

まずはトラベルミステリー作家空知雅也と出版社の編集者片桐が登場。
彼らは作家と担当者という関係でなかなかいい関係を築いています。
会話のテンポもよく話のかけあいも実に面白い。
作家さんの苦悩も垣間見えます。
さらに後半では空知雅也の「アリバイ講義」があります。
これはアリバイを分類化するという講義でミステリーマニアとしては実に興味深い話となっています。
書評にも参考になるかもしれません。

さて事件が起こったのは滋賀県。
殺されたのは双子の兄袖木新一の妻である恵。

実は殺された恵は空知の元彼女。
後に空知は恵の妹から彼女の死を知らされることになります。

まず容疑者として疑われたのは恵の夫である柚木新一。
しかし彼には完璧なアリバイがあったのです。
犯行当時新一は急な出張で博多にいたのです。
さらに新一の双子の弟柚木健一にも犯行当時完璧なアリバイがあったのです。
健一もまた出張で山形にいたことがわかったのである。

双子の兄弟ということで案の定、双子を利用したアリバイトリックが使われています。
鉄道を使った時刻表トリック、いわゆるトラベルミステリーというやつです。
トラベルミステリーの大前提は列車内やホームでの目撃証言です。
本書でも容疑者である彼らは妙に駅員や売り子に印象に残るような行動をしています。

犯行時、双子がしかも同時に出張で遠地にいたという完璧なアリバイ。
読み手の誰もが双子にしかできない反則トリックを思いつくでしょう。

私も普通に思いつきました。
そして予想通りの展開になっていきました。
これでは誰が見ても”アンフェア”です。
しかし彼らのアリバイには物証による裏づけがあったのです。
その物証の謎を解かない限り彼らのアリバイを崩すことは出来ません。
絶対的な物証は双子を使ったアリバイトリックをフェアにしているのです。
このあたりの2重トリックはさすがによく練られています。

この双子の完璧すぎるアリバイが裏を返せば2人が事件の犯人だと言っているようなものです。
実際に犯人は彼らなのです。

しかし中盤で第二の殺人が発生します。
完璧なアリバイを持ち合わせていた柚木が浴槽で死体となって発見されます。
犯人とされた人物が謎の死を遂げたのです。
このあたりから事態は混沌としてきます。
いったいどうなってしまうのでしょう。

そして最後に明らかになった犯人の正体は読み手としてはちょっと悲しいです。
しかしよくあんな罠に引っかかってくれたなという感じもします。
彼だからか。


さて残念な点は全体を通して主人公の存在がないことです。
このような正統派トラベルミステリーのアリバイトリック物は誰かがトリックに挑まなければ成立しません。
さていったい誰をトリックに挑戦させるか?・・・それによって話の展開も大きく変わってきます。
それには事件解決をする人物を一人立てておかなければなりません。
本書では探偵小桑がそれに当たるのだがいかがなものでしょうか?

小桑は被害者の妹に調査を頼まれ事件に絡んできます。
最初は容疑者の行動を調査する程度だったのが一転、事件解決に参入してきます。
そして唐突にトリックを解き始め、最後には犯人を追いつめてしまった。

事件解決に小桑探偵を登場させるのであれば、事件発生当初から捜査に当たっていた加瀬刑事に事件を暴いてほしかった。
彼らは初めの頃は頻繁に登場していたのに探偵小桑の登場で存在感がなくなってしまった。
刑事として結構いい味を出していた気がしたのだが・・・。
個人的には加瀬刑事にはあえて「東野作品の加賀刑事」のような活躍してほしかった。
広瀬刑事に負けないようにね。

また解決シーンで突然現れた○○。
おそらく随所で見られた同じ顔を持つ2人の意味ありげな会話に対するミスリードだとは思うがはっきり言ってこれは必要ないし、作者の意図もよくわかりません。

時刻表を使ったアリバイトリックの謎。
ミステリーの王道ですがこういうのが好きな人にはたまらない作品となるでしょう。(私は大雑把に理解してさっと流しましたが・・・)
私的には「アリバイ講義」がとても参考になりました。

ブログパーツ
スポンサーサイト

theme : ミステリ
genre : 小説・文学

tag : 有栖川有栖

comment

Secret

最新記事
人気記事ランキング
乱歩のお勧め度
最近のコメント(コンパクト)
データ取得中...
作家別
プロフィール

乱歩

Author:乱歩
推理小説入門へようこそ。
おすすめ推理小説があったら教えてくださいね!
コメントお待ちしています。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
カウンター
フリーエリア
ブログランキング
リンク
最新トラックバック
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。