スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東野圭吾 『嘘をもうひとつだけ』

内容
バレエ団の事務員が自宅マンションのバルコニーから転落、死亡した。事件は自殺で処理の方向に向かっている。だが、同じマンションに住む元プリマ・バレリーナのもとに1人の刑事がやってきた。彼女には殺人動機はなく、疑わしい点はなにもないはずだ。ところが……。人間の悲哀を描く新しい形のミステリー。



乱歩の勝手にRanking
ランク:


感想
東野圭吾の短編集。
短編でも驚かせてほしい。
期待して読んでみた。


おなじみ加賀恭一郎シリーズの短編集です。
今回は練馬署の勤務です。

彼の作品が5作品も入っています。
お得な内容となっています。

短編集はまとまりがないと内容が希薄で散漫になりがちです。
先日読んだ折原一の短編集は正直言って満足できませんでした。
しかしこの「嘘をもうひとつだけ」は内容が充実しており、一般作と比べても引けをとりません。
なぜかといえばテーマを一つに絞っているからだと思います。
では何をテーマとしているのか?
それは ”犯罪の嘘” です。

よってこの短編集には難解なトリックなどは存在しません。
複数の犯人候補も存在しません。
本書は最初から犯人を明かしいます。(一部例外もありますが)

話の出だしで既に犯行は実行されています。
本書は犯罪者や犯人をかばっている人間(以下彼ら)の視点で展開していきます。
彼らは必死に犯行を隠蔽しようとします。
大切な何かを守るために・・・。

そこへ加賀恭一郎が登場します。
加賀刑事は彼らに事件のことを色々聞き込みます。
しかし彼らはそこで嘘をつきます。
その嘘が逆に彼ら自身を追い込んでいきます。
加賀はこの段階ですでに犯人が誰であるか分かっています。
あとは嘘を暴くための証拠固めをして相手を追い込むだけです。

加賀は何度もしつこく聞き込みに訪れます。
彼らは状況証拠ですが証拠を突きつけられ徐々に追い込まれていきます。
そしてついにボロを出します。

完全犯罪なんてありえません。
嘘は必ずばれます。

加賀の聞き込みには関連がなさそうで実はとても意味があります。
じわじわと相手の行動や発言の矛盾をついて追い込んでいきます。

犯罪は絶対に許さない、たとえどんな理由があろうとも・・・
犯罪に対しては非情に徹する加賀。
最近の加賀恭一郎よりクールに描かれているような印象を受けます。

加賀恭一郎という刑事を知りたい方。
入門書としていかがでしょうか。

ブログパーツ
スポンサーサイト

theme : ミステリ
genre : 小説・文学

tag : 東野圭吾

comment

Secret

こんにちは

乱歩さん、こんにちは。

コメントいただいたので、のぞきに来ました。

知らない作家や作品がたくさんあって、とても
興味深いですねぇ。

これから参考にさせてもらいます。
「乱歩のお勧め度」もすごくいいですね。

Re: こんにちは

kumago さん
コメントありがとうございます。
参考にしていただくとうれしいです。
ブログ作成では毎回試行錯誤しております。
今後もより良いブログをめざし読書にまい進していきたいと思います。
応援よろしくお願いします。
最新記事
人気記事ランキング
乱歩のお勧め度
最近のコメント(コンパクト)
データ取得中...
作家別
プロフィール

乱歩

Author:乱歩
推理小説入門へようこそ。
おすすめ推理小説があったら教えてくださいね!
コメントお待ちしています。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2カウンター
カウンター
フリーエリア
ブログランキング
リンク
最新トラックバック
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。