スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

綾辻行人 『十角館の殺人』

内容
半年前、凄惨な四重殺人の起きた九州の孤島に、大学ミステリ研究会の7人が訪れる。島に建つ奇妙な建物「十角館」で彼らを待ち受けていた、恐るべき連続殺人の罠。生きて残るのは誰か?犯人は誰なのか?鮮烈なトリックとどんでん返しで推理ファンを唸らせた新鋭のデビュー作品。



乱歩の勝手にRanking
ランク:

感想
館シリーズで有名な綾辻行人のデビュー作。
大どんでん返しがあると聞き購入して読んでみた。
あの人物のあの一言。
あれがすべてした。
すっきりしててわかりやすかった。
建物や周辺の見取り図も挿入されてわかりやすくてよかった。

ただ探偵小説にちなんだニックネームがなかなか覚えられなくて、性別や人物像を理解するのに少々苦労しました。

でも実はこれには理由があったんです。
なかなか考えられています。

とてもデビュー作とは思えないです。


さて、物語はこの不気味な手紙から始まる。

「千織は殺されたのだ」

元ミステリーサークル会員であった大学生江南に送りつけられたもの。

差出人は中村青司。

しかし中村青司は半年前すでに死んでいた。

壁などが青く塗られた青屋敷で起こった凄惨な四重殺人で・・・。

その青屋敷の離れにたたずむのが「十角館」なのである。

江南は死者からの手紙の謎を追う。


一方、現ミステリーサークル会員である7人の大学生が孤島を訪れていた。

その孤島とは・・・

そう、半年前まで青屋敷が建っていた孤島である。

つまり半年前に凄惨な四重殺人があった島なのだ。

そして7人の宿泊先は十角館・・・。


本書はこの二つの物語が交互に進行していく。


謎の手紙は中村から来た手紙なのか?

死んだはずの中村は本当に生きているのか?


江南が四重殺人の真相を追うとき、復讐の連続殺人がはじまる・・・

そして結末で読者があの一行を見たとき、すべての謎が明らかになる。


欲を言えばもっと複雑な人間関係で読者を混乱させてほしかったかなと思う。

また結末では犯人が誰なのかが明らかになった後に、犯人の回想で犯行の全容が明らかになる。
そのあたりがちょっと間延びしたように感じてしまった。

犯人が誰かは謎のままにしておいて、最後に犯人の一言で読者に人物名を特定させるような志向もありかなと思いました。

いづれにしてもいい作品でありました。

別の館も読んでみるかな・・・。
期待していいでしょう。

ブログパーツ
スポンサーサイト

theme : ミステリ
genre : 小説・文学

tag : 綾辻行人

comment

Secret

No title

私も 館シリーズ読みました。

館を想像するだけでも楽しいですよね。

是非 別の館も読んでください!!

No title

私も、読みました。
現在「水車館」を読んでいます。
くせになる面白さですよね。

Re: No title

> 私も、読みました。
> 現在「水車館」を読んでいます。
> くせになる面白さですよね。

清貧おやじさん
コメントありがとうございます。
館シリーズはまだまだたくさんありますね。
読破にむけてがんばります。

Re: No title

> 私も 館シリーズ読みました。
>
> 館を想像するだけでも楽しいですよね。
>
> 是非 別の館も読んでください!!

pontaさん。
コメントありがとうございます。
読破されたのですね。
すばらしいですね。
ブログのアドレスを教えていただけるとうれしいです。

十角館は原案が作者夫人の小野不由美だと知ってから、評価が激落してしまった作品。デビュー作が他人の草案なのはどうか? 読むなら迷路館と時計館だけで充分だと思いますが、個人的に館シリーズ最高傑作だと思っている時計館も、笹沢佐保作品にトリックの先例があると知ってガッカリした記憶があります。黒猫館もクイーンのあまりに有名なトリックを使っているし、館シリーズは全体的に過大評価されすぎだと思います。綾辻氏のその後の活動状況を鑑みれば、これは決して言い過ぎではないはず。新本格を読むくらいなら、東西の古典を読む方がよほど有益ですよ。

Re: タイトルなし

> 十角館は原案が作者夫人の小野不由美だと知ってから、評価が激落してしまった作品。デビュー作が他人の草案なのはどうか? 読むなら迷路館と時計館だけで充分だと思いますが、個人的に館シリーズ最高傑作だと思っている時計館も、笹沢佐保作品にトリックの先例があると知ってガッカリした記憶があります。黒猫館もクイーンのあまりに有名なトリックを使っているし、館シリーズは全体的に過大評価されすぎだと思います。綾辻氏のその後の活動状況を鑑みれば、これは決して言い過ぎではないはず。新本格を読むくらいなら、東西の古典を読む方がよほど有益ですよ。

名無しさん
コメントありがとうございます。
いろいろな経緯や裏話もあるかと思いますが、私のサイトはあくまでも「推理小説を楽しむ」
をポリシーにしていますので推理小説を読んで紹介していこうと思います。
お勧めありましたら教えてください。
最新記事
人気記事ランキング
乱歩のお勧め度
最近のコメント(コンパクト)
データ取得中...
作家別
プロフィール

乱歩

Author:乱歩
推理小説入門へようこそ。
おすすめ推理小説があったら教えてくださいね!
コメントお待ちしています。

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
FC2カウンター
カウンター
フリーエリア
ブログランキング
リンク
最新トラックバック
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。