スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

佐々木譲 『笑う警官』

内容
札幌市内のアパートで、女性の変死体が発見された。遺体の女性は北海道警察本部生活安全部の水村朝美巡査と判明。容疑者となった交際相手は、同じ本部に所属する津久井巡査部長だった。やがて津久井に対する射殺命令がでてしまう。捜査から外された所轄署の佐伯警部補は、かつて、おとり捜査で組んだことのある津久井の潔白を証明するために有志たちとともに、極秘裡に捜査を始めたのだったが…。北海道道警を舞台に描く警察小説の金字塔、「うたう警官」の文庫化。



乱歩の勝手にRanking
ランク:


感想
笑う警官とはなんだろう。
警官が笑うのか?
映画化もされたらしいので原作を読んでみた。

なぜこの小説がベストセラーになったのか良くわかりません。
正直拍子抜けの小説でおすすめできません。

まず会話が極めて単調すぎます。
会話は言葉の掛け合いだけで間合いが欠如しています。
そして上辺だけで浅く単調な会話が進んでいき、次のシーンへ切り替わる。
深みがなく人物の微妙なニュアンスも伝わってこない。
無意味な駄洒落も入る。
劇の台本のような印象を受けた。

話の設定にもちょっと無理があるのではないか?。
警察の不正を内部告発しようとしている警官に殺人容疑の濡れ衣を着せ、指名手配して射殺命令までだして口封じをしようとする。
組織とはいえここまでしないだろう。

無実を証明するために結集した有志たちだが、個々のキャラが薄く散漫としているように感じられた。
ベテラン刑事をもっと味のある人物で描いてほしかった。
踊る大走査線の和久さんみたいに。

裏切り者もいたみたいだけど中途半端な裏切りだった。
どうせならもっと大きなターニングポイントになるようなところで裏切れよって感じです。

そして肝心の事件の真相はこれまたどうなんだろうと思う。
犯人像、動機共に「なにこれ」という感じだ。
犯人の名前が明らかになってもあまり驚きも感じられない。
結局警察小説ってこういう結末に落ち着いてしまうのでしょうか。

犯人ぐらいはせめて意外性のある人物にしてほしかった。
そして全体を通して読者の想像を掻き立てるような伏線を敷いてほしかった。

ちなみに組織を売ることを”うたう”というらしい。
もともとは「うたう警官」だったのをあえて映画化に伴い「笑う警官」にかえたらしい。
変える必要性はまったくないですね。

タイトルを簡単に変えてしまう作者に脱帽です。

ブログパーツ
スポンサーサイト

theme : ミステリ
genre : 小説・文学

tag : 佐々木譲

comment

Secret

最新記事
人気記事ランキング
乱歩のお勧め度
最近のコメント(コンパクト)
データ取得中...
作家別
プロフィール

乱歩

Author:乱歩
推理小説入門へようこそ。
おすすめ推理小説があったら教えてくださいね!
コメントお待ちしています。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
カウンター
フリーエリア
ブログランキング
リンク
最新トラックバック
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。