スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東野圭吾 『新参者』

内容
江戸の匂いも残る日本橋の一角で発見された、ひとり暮らしの四十代女性の絞殺死体。
「どうして、あんなにいい人が……」周囲がこう声を重ねる彼女の身に何が起きていたのか。
着任したばかりの刑事・加賀恭一郎は、事件の謎を解き明かすため、未知の土地を歩き回る。

東野圭吾よりメッセージ
この町のことを思い浮かべるだけで、忽ち様々な人間が動きだした。そのうちの一人を描こうとすると、そばにいる人々の姿も描かざるをえなくなった。まるでドミノ倒しのように、次々とドラマが繋がっていった。同時に謎も。最後のドミノを倒したときの達成感は、作家として初めて味わうものだった。



乱歩の勝手にRanking
ランク:


感想
4月からドラマ「新参者」が始まってしまう。
東野ファンとしては先に原作を読んでおかないと。
ようやく手にすることができたので読んでみた。
すごく良かったです。
こういうスタイルの小説もあったんですね。
東野圭吾の引き出しにはどれだけのアイデアが詰まっているのでしょうか。
驚きました。

本書は全部で全9章で構成されています。
一見、目次を見ると、
「短編集?」
って思えます。
私も第1章を読み終えた時そう思いました。
しかし犯人は捕まっていません。

実はこの作品は各章に事件になにかしら係わり合いを持った人たちの人情話が読みきりで収められているのです。
つまり短編人情話が一つの事件でつながっているわけです。
こんな小説は見たことがありません。
新しいスタイルの推理小説といえます。
ドラマ化されるのも納得です。

さらに細かな所でも他の章とつながっていたりします。
読み進めていくと
「あっこれはさっきの章のあれのことだね」
って気付くところがあります。
多様に紐付けされていて小説全体としての完成度の高さが伺えます。

本書はもちろん人情の加賀恭一郎シリーズです。
私のお気に入りのシリーズです。
その中でもベスト3に入るのではないでしょうか。

日本橋署の赴任したばかりの加賀恭一郎。
彼はこの町の新参者です。
事件は殺人事件。
殺されたのは三井峯子。
加賀は所轄の刑事として本庁の刑事と捜査します。
ただしここではただの付き添い人。
こういう時、一歩身を引くのが加賀刑事らしいですね。

そこで加賀は他の捜査員が気にも留めないような ”なぜ” が気になります。
いつもの癖です。
加賀は その ”なぜ” を一つ一つ確認するために商店街へ足を運びます。。
この町の新参者として。

加賀はいろいろな人たちと出会い 加賀の ”なぜ” は事件と無関係と判明します。
しかし ”なぜ” は事件とは無関係であっても商店街に生きる人たちにとっては大切なことであったのです。
加賀刑事は人情をもって ”大切なこと” を紐解いていきます。
章を終えるごとに感慨に浸ってしまいます。
涙腺も緩みます・・・。

加賀刑事の名言
「事件によって心が傷つけられた人がいるのなら、その人だって被害者だ。 そういう被害者を救う手だてを探し出すのも、刑事の役目です。」
本書のすべてです。

加賀刑事の人間性や温かみが十分に満喫できる作品になっています。
加賀刑事ファンにとって絶対読んでおかないといけない1冊でしょう!!

4月スタートのドラマ「新参者」。
配役も発表されたようです。
阿部寛さんが人情味溢れる加賀刑事をがどのように演じてくれるか今から楽しみです。

ブログパーツ
スポンサーサイト

theme : ミステリ
genre : 小説・文学

tag : 東野圭吾

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

東野圭吾『新参者』

新参者東野 圭吾講談社このアイテムの詳細を見る 今回は、東野圭吾『新参者』を紹介します。加賀恭一郎シリーズ。これは、東野氏の作品では初の連作短編なんでしょうかね。共通することは、日本橋で起きたミツイミネコ殺しの事件を解決するというミステリーである。最初?...

comment

Secret

No title

『新参者』読みましたねー。
私の中では殿堂入りの1冊です。
加賀刑事最高。
ドラマ楽しみですねv-341

Re: No title

> 『新参者』読みましたねー。
> 私の中では殿堂入りの1冊です。
> 加賀刑事最高。
> ドラマ楽しみですねv-341

ろくしょく様
コメントありがとうございます。
ドラマが始まるので急いで読みました。
ドラマ化納得の作品ですね。
どんな演出がされるか楽しみにしましょうね。

No title

「itchy1976の日記」のitchy1976です。

コメントありがとうございます。TBさせていただきます。

ミステリーとしては普通かなという印象だが、章ごとにあらわれるサイドストーリー(それぞれの家族物語)は心温まるものがありました。家族のあり方が問われてきます。

加賀恭一郎も、人情深い日本橋に感化されて、人情深い人間になっていました。

これからもよろしくお願いします。

Re: No title

itchy1976 さん
コメントありがとうございます。
リンクとトラックバックさせていただきます。
これからもよろしく。
明日は「新参者」 第2話です。
楽しみです。
最新記事
人気記事ランキング
乱歩のお勧め度
最近のコメント(コンパクト)
データ取得中...
作家別
プロフィール

乱歩

Author:乱歩
推理小説入門へようこそ。
おすすめ推理小説があったら教えてくださいね!
コメントお待ちしています。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2カウンター
カウンター
フリーエリア
ブログランキング
リンク
最新トラックバック
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。