スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

折原一 『耳すます部屋』

内容
結末まで決して油断しないでください
娘の同級生を放課後預かることになった久恵。だが母親同様ずうずうしい小学生ゆかりには、盗癖があった。結婚指輪までが消えた日、包丁を手に、久恵はついにキレてしまう。
「ゆかりが帰ってこない」、その夜、鳴り続ける母親からの電話。どこまでも執拗に――。
日常の恐怖に彩られた叙述ミステリー10の傑作!



乱歩の勝手にRanking
ランク:


内容
叙述小説の折原一の短編集。
どのように驚かせてくれるのか期待して読んでみた。


淡々と進んで終わってしまう話が多かったような気がします。
決して油断はしていなかったのですが・・・。
叙述小説なのかそうでないのかよく分からないものがあり、私としては叙述を期待していたので残念でした。
折原一の作品は前回も物足りなさが残ってしまいました。
短編集を選んだのが間違いだったのかもしれないです。

この作品にはフォントや文書体を変えて叙述の伏線をあえて強調させています。
しかしそんなに過剰に強調する必要があったのだろうかと思います。
そのあたりは普通に淡々と進んだほうが推理小説の不気味な静寂さが感じられてよいと思います。
ビジネス本やHOWTO本のように見えてしまいます。

本書に収められているのは次の作品。

「耳すます部屋」
「五重像」
「のぞいた顔」
「真夏の誘拐者」
「肝だめし」
「眠れない夜のために」
「Mの犯罪」
「誤解」
「鬼」
「目撃者」

耳すます部屋はちょっと怖いですね。最近こういう子供がいそう・・・。
五重像は意味がよくわからなかった・・・。
真夏の誘拐者は展開は違いますが東野圭吾の「嘘をもうひとつだけ」に似たような話がありました。こちらも短編集です。
Mの犯罪は宮崎○事件をモチーフにしたもの。なんか心情的に複雑な感じ・・・。
目撃者は面白そうだったのでじっくりと読んだがオチがいまいちだった。

折原作品は奥が深いのでしょうか。
私の読みが浅いのだろうか。

短編集はとても評価が難しいです。

折原作品次は「冤罪者」を読むことにしよう。

ブログパーツ
スポンサーサイト

theme : ミステリ
genre : 小説・文学

tag : 折原一

comment

Secret

最新記事
人気記事ランキング
乱歩のお勧め度
最近のコメント(コンパクト)
データ取得中...
作家別
プロフィール

乱歩

Author:乱歩
推理小説入門へようこそ。
おすすめ推理小説があったら教えてくださいね!
コメントお待ちしています。

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
FC2カウンター
カウンター
フリーエリア
ブログランキング
リンク
最新トラックバック
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。