スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東野圭吾 『放課後』

東野圭吾原作「放課後」がコミック化!!
3月12日に講談社からコミック版「放課後」が発売されます。
霜月かよ子さんという方によって漫画化されたようです。
連載されていたみたいですね。(詳しくなくてすいません)
学園ミステリーは若年女性層に人気がありますからね。
これによって東野ファンさらには推理小説ファンが増えるとよいですね。

というわけで今回は原作「放課後」をご紹介します。


内容
校内の更衣室で生徒指導の教師が青酸中毒で死んでいた。先生を2人だけの旅行に誘う問題児、頭脳明晰の美少女・剣道部の主将、先生をナンパするアーチェリー部の主将――犯人候補は続々登場する。そして、運動会の仮装行列で第2の殺人が……。乱歩賞受賞の青春推理。



乱歩の勝手にRanking
ランク:


感想
東野圭吾デビュー作、乱歩賞受賞
ついに解禁。
期待を膨らませ読んでみた。
まず犯行動機に思わずふいてしまいました。
犯人は被害者を許せなかったんでしょうね。
むしろ許される理由が見つからない。
口封じみたいなものですか・・・
犯罪の動機なんて案外こういうものなのかもしれませんね。
最近の現実に起こる犯罪のほうがもっと悲惨で理不尽ですよね。

本書の最大の謎は密室トリックです。
巧妙な密室のトリックが仕掛けられています。
一見、古典的な密室のようですがなかなか解けません。
私はもちろん解けませんでした。(私、トリックを解きながら読むタイプではないのです)

推理小説の密室トリックは探偵役の人物に暴かれる運命にあります。
しかし本書の場合はここが少々違うのです。
「暴くためにある密室トリック」
まだ読んでいない方はなんのこっちゃと思うでしょうね。

これほど綿密な構想が練られた作品がデビュー作とはすごい。
天才的です。
しかしそれもその後の彼の作品を見れば頷けますね。

物語は学園ミステリーものです。
主人公は元サラリーマンで女子高の教師である前島。
あだ名はマシン。
前島はいつの日からか命を狙われるようになります。
何度か危険な目にあいます。
いったい誰が自分の命を・・・

前島が不安な日々を過ごす中、更衣室で生徒指導教師の村橋が殺される。
それも完全なる密室殺人で。
前島は自分の命が狙われていたことと関係しているのではないかと思い真相を探る。
自分の命を狙う動機がある者を疑いだす前島。

怪しい人間が次々とでてきます。
女子高というある異質な世界で起こる殺人事件は謎が深まるばかりです。
前島と生徒との微妙な関係も事件を複雑にします。
いったい誰が犯人なのか予想がつきません。

そして結末では予想もつかない展開に・・・。
伏線は張ってあったかもしれませんが、この展開には驚きました。
東野圭吾の処女作です。
完成度は高いです。
ぜひ読んでみてください。

ブログパーツ
スポンサーサイト

theme : ミステリ
genre : 小説・文学

tag : 東野圭吾

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

放課後 東野圭吾

校内の更衣室で生徒指導の教師が青酸中毒死。犯人候補は続々登場。 運動会の仮装行列で第二の殺人が。乱歩賞受賞の青春推理。 私立の女子...

comment

Secret

No title

こんにちは。同じ本の感想記事を
トラックバックさせていただきました。
この記事にトラックバックいただけたらうれしいです。
お気軽にどうぞ。

Re: No title

藍色さん
トラックバックしました。
東野作品は最高ですよね。
最近東野作品を読んでいないので近々読む予定です。
最新記事
人気記事ランキング
乱歩のお勧め度
最近のコメント(コンパクト)
データ取得中...
作家別
プロフィール

乱歩

Author:乱歩
推理小説入門へようこそ。
おすすめ推理小説があったら教えてくださいね!
コメントお待ちしています。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
カウンター
フリーエリア
ブログランキング
リンク
最新トラックバック
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。