スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

折原一 『沈黙者』

内容
埼玉県久喜市で新年早々、元校長の老夫婦とその長男夫妻の四人が惨殺された。十日後、再び同市内で老夫婦の変死体が発見される。そして一方、池袋で万引きと傷害で逮捕された男が、自分の名前を一切明かさぬままに裁判が進められる、という奇妙な事件が語られていく。この男は何者か?巧緻を極める折原ミステリーの最高峰。



乱歩の勝手にRanking
ランク:


感想
日本を代表する叙述トリック作家。
恥ずかしながら知りませんでした。
かなり期待して読んでみた。

そんなに複雑でなくシンプルな感じの叙述小説ではないでしょうか。

最初の出だしの添え書きがユニークだなと思いました。
ノンフィクション作家五十嵐が実際起こった事件を本にしたようなしたような構図になっております。
この構図はなかなかよいです。
読者の興味を引きます。

本編に入ると
・一家惨殺事件と死体の第一発見者の妙な関わりを語る章
・万引きをしてその際暴行をはたらき逮捕された男について回顧している章
2つの章が交互に出てきます。
とても読みやすい文章体です。

一家惨殺事件の第一発見者は新聞配達員立花洋輔。
彼は事件で生き残った田沼家の娘ありさのことが気にかけます。
彼らは最初はぎこちなさはあったものの、だんだんと親密になっていきます。
しかし立花洋輔はどうしても彼女の弟省平の所在が気になって仕方ありません。
事件の後に姿を消した弟省平。
読者も気になるポイントです。

一方万引き暴行で逮捕された男は頑なに沈黙を守ります。
名前すら名乗りません。
何のため名乗らないのか、読者が怪しむポイントです。
この沈黙者と一家惨殺事件がどのように絡むのかが本書の読みどころになっています。

おそらく読者はみな同じような先入観をもって読み進めていくでしょう。
最後の最後までどのような結末を迎えるのかわかりません。

そして結末でこの小説の真実が明らかになります。

私は素直に騙されました。
「そういうことだったんだ・・・」
これが率直な感想です。

しかし残念ながらあまり驚くことができませんでした。
家族一家惨殺という猟奇的な殺人の結末にしては衝撃が少なかったです。
期待しすぎたのでしょうか。

沈黙者は折原氏の「~者」シリーズの第4弾のようです。
冤罪者→失踪者→誘拐者→沈黙者の順に読むのがよいみたいです。
これも知りませんでした。
どおりで突然登場した作家五十嵐が理解できなかったはずです。

また折原氏の他の作品の中には複雑な叙述トリックが仕掛けられているのもあるらしいです。
ぜひ読んでみたいですね。
期待してよいでしょう。

ブログパーツ
スポンサーサイト

theme : ミステリ
genre : 小説・文学

tag : 折原一

comment

Secret

最新記事
人気記事ランキング
乱歩のお勧め度
最近のコメント(コンパクト)
データ取得中...
作家別
プロフィール

乱歩

Author:乱歩
推理小説入門へようこそ。
おすすめ推理小説があったら教えてくださいね!
コメントお待ちしています。

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
FC2カウンター
カウンター
フリーエリア
ブログランキング
リンク
最新トラックバック
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。