スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東野圭吾 『レイクサイド』

内容
妻は言った。「あたしが殺したのよ」―湖畔の別荘には、夫の愛人の死体が横たわっていた。四組の親子が参加する中学受験の勉強合宿で起きた事件。親たちは子供を守るため自らの手で犯行を隠蔽しようとする。が、事件の周囲には不自然な影が。真相はどこに?そして事件は思わぬ方向に動き出す。傑作ミステリー。



乱歩の勝手にランキング
ランク:


感想
湖畔でおきた殺人事件。
なんかミステリアスな小説の雰囲気に惹かれ購入。

中学受験を控えた親子4家族は、夏休みを利用して勉強合宿をすることになる。
並木一家も合宿に参加することになるのだが、父俊介は遅れて参加する。

そこへ俊介の愛人英里子が突然合宿先に現れる。
美貌をかねそろえた英里子の出現に色めきたつ男たち・・・

実は英里子は俊介の妻美菜子の浮気相手を調査するために送り込まれたのであった。
夫俊介によって。


自分のことを棚にあげてひどい夫であります。


そんな中俊介と英里子は外で密会をする約束をするのだが、待ち合わせ場所に英里子は現れなかった。
俊介はあきらめたて別荘に戻ってきたのだが、そこで見たものは英里子の死体であった。

そして妻の一言・・・

「あたしが殺したのよ」


俊介の不貞が引き金になった事件で自業自得と思えてしまいます。


しかし親たちはこの犯行を隠蔽しようとする。
妙に協力的な親たち・・・不自然としか思えない。


不自然に感じながらも隠蔽に手を染める俊介。
犯罪の隠蔽という変な連帯感をもった親たち。

いったい彼らは何を考えているのであろうか。
妻美菜子は本当に英里子を殺してしまったのだろうか。


そして親たちが犯行を隠蔽しようとする真の目的はいったい?

真実が明らかになったときせつなくなるかもしれません。



ちなみに読み終えて思い出しました。
昔、映画化されていました。
テレビでみたことがありました。
印象深い映画でした。

やっぱりいい作品だったんですね・・・。

ブログパーツ


スポンサーサイト

theme : ミステリ
genre : 小説・文学

tag : 東野圭吾

comment

Secret

最新記事
人気記事ランキング
乱歩のお勧め度
最近のコメント(コンパクト)
データ取得中...
作家別
プロフィール

乱歩

Author:乱歩
推理小説入門へようこそ。
おすすめ推理小説があったら教えてくださいね!
コメントお待ちしています。

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
FC2カウンター
カウンター
フリーエリア
ブログランキング
リンク
最新トラックバック
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。