スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東野圭吾 『どちらかが彼女を殺した』

内容
最愛の妹が偽装を施され殺害された。愛知県警豊橋署に勤務する兄・和泉康正は独自の“現場検証”の結果、容疑者を2人に絞り込む。1人は妹の親友。もう1人は、かつての恋人。妹の復讐に燃え真犯人に肉迫する兄、その前に立ちはだかる練馬署の加賀刑事。殺したのは男か?女か?究極の「推理」小説。



乱歩の勝手にRanking
ランク:


感想
犯人推理型の推理小説です。
「私が彼を殺した」に続いて私にとって2冊目です。
前回のリベンジで読んでみました。

犯人はおおよそ特定できました。(推理の手引きは見てしまいましたけど・・・)
といっても2人のうちどちらかなんですけどね・・・。

おおよそ犯人の見当はついたのですがいまひとつ理由がしっくりこなかったです。
ネットでネタばれみたらほぼ正解でした。
まあ良しとします。

本書は文庫化された時、犯人を特定する重要な一文が削除されたみたいなんです。
なので単行本に比べ難易度がアップしたとのことです。
その一文がなくても特定できると投書でもあったんですかね。

この後に出版された「私が彼を殺した」よりは比較的わかりやすかったと思います。
着眼点やヒントがわりと明確にしてありました。

たぶん私の場合、先に「私が彼を殺した」を読んだのでそう思うのでしょう。


今回も加賀恭一郎が登場します。

妹を亡くした兄康正は警察官。
康正は妹の死を不信に思い真相を探る・・・妹は何者かに殺されたのだ。

復讐を誓う康正は加賀より先に真相を突き止めたい。
しかしそういう康正の事情を知っている加賀は彼に幾度となく接触を図る。

加賀の思わせぶりな態度や言葉は康正の行動を察知している。
加賀を警戒する康正。

そして康正は加賀をかなり意識しながらも真相に近づいていく。
そしてついに康正は復讐の鬼と化すのである・・・。


加賀刑事は今回もいい味だしてました。
特に同じ警察官である康正とのからみは人情味があふれています。
冷静であるようで実は人間臭く、時には恫喝する場面もあり人間加賀がとてもうまく表現されていました。

どちらが犯人ともわからないままでの結末シーンの描写はなかなかのもので、とても緊迫感で満ちていました。

さあ皆さんも推理してみてください。
どちらかが彼女を殺したのです。

ブログパーツ
スポンサーサイト

theme : ミステリ
genre : 小説・文学

tag : 東野圭吾

comment

Secret

最新記事
人気記事ランキング
乱歩のお勧め度
最近のコメント(コンパクト)
データ取得中...
作家別
プロフィール

乱歩

Author:乱歩
推理小説入門へようこそ。
おすすめ推理小説があったら教えてくださいね!
コメントお待ちしています。

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
FC2カウンター
カウンター
フリーエリア
ブログランキング
リンク
最新トラックバック
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。